H.txt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

髪結い

irayとoctaneの差が気になってレンダリングしてみた。

013.jpg

細かい違いはたくさんあるけれども
これならなんとか使えそうなかとも。
当面の問題はさっぱりわからないマテリアルの設定のほう。
スポンサーサイト
CG | Comments(0) | Trackbacks(-)

!PaintsChainer

PaintsChainerという自動で彩色するサービスができたそう。




oc6137.jpg

うちの3Dのやつを強引に線画にして自動色抜りしてみる。
なにがどう判定されてるのかわからないけれど味のある色になった。




fc2_k_3269.jpg

カラー3Dを自動で線画にしてくれるのだけど、
そこまできちんとした線画ではないので結果もいまいち。
それでも一応人体は認識してくれてるようで
そこまでぶっとんだ色遣いにはなりにくい。



fc2_k_3271.jpg

ネットで勝手にお借りした線画で試してみたらビシッと決まった。
やばいなこのアプリ…。3Dでもきちんとアウトラインがとれれば
わさわざトゥーンレンダリングする必要がなくなるかもしれない。


未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

影の色について

ライトに色を付けるようになると気になるのが影の色



oc856.jpg

画像は赤色を混ぜた面ライトをあててみたときの様子。
これをみると、そもそも影の色は黒いことがわかる。




oc857.jpg

境目を確認してみると色味が一気に失われてグレーにグッと近くなる。




oc858.jpg

影に色をつけるには2つのライトを使う。
2つの色を別々から当てると、それぞれの影に相手の色がつく。
赤ライトの影には青色、青ライトの影には赤色といった具合。




oc859.jpg

片方だけを色ライトにすると、白ライトの影にだけ色がつく。
赤ライトの陰には色はつかずグレーのまま。




fc2_k_3267.jpg

乃木坂のPVなんかはこれがそのまま使われてる感じ。
光の当たってる髪に目がいきがちだけど、
よくみると赤、青、グレーの影が混在してる。
DAZStudio | Comments(0) | Trackbacks(-)

octane renderでGenesis2FemaleGenがバグる問題

octane renderでGenesis2FemaleGenを使うと、
テクスチャのマテリアルがごちゃごちゃになる問題。
海外の方でも議論されてたのでよくある話らしい。


fc2_k_3264.jpg

1つめの解決法はGenesis2FemaleGenを張りつけたら、
DAZStudio側でマテリアルを読み込まない

このままだとビューポートでは白く表示されるし、
OctaneRenderの方でも白く表示されてしまうけれど、
Octane側でG2FのTorosoマテリアルをコピーして当ててあげれば
OctaneRenderの方ではきちんと表示されるようになる。



fc2_k_3265.jpg

2つめの解決法はぐちゃぐちゃになったマテリアルを
もういちど手作業で再設定してあげる。
まつ毛のところに手腕のマテリアルがきていたら、
正しくまつ毛のマテリアルを結んであげる。
これを異常が起きている部位全部でくり返す。

でもG2FGenを削除するとまたぐちゃぐちゃになる。
なんなんだろうねこれ。

DAZStudio | Comments(1) | Trackbacks(-)

過去の記事を一斉に整理しました。
だいぶとっちらかってたので書く内容を絞って書いていきたいと思います。


oc6110.jpg




CG | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。